過バライ金返還請求 時効

最新版

利用者が5分に1人の無料サービス

\30秒診断で自分の未来を変えたい方へ!/

↓↓借金の悩みから解放されたいなら!↓↓

街角法律相談所


借入れ件数2件以上、または借入金額総額が100万円以上の方へ


過バライ金請求は「借金減額診断シミュレーター」で安心の無料診断を!!


きちんと返還手続きができる業者を選んでください!


過バライ金請求の悩みは30秒でスピード解決!


借入れ件数1件以下、または借入金が100万円未満の方はコチラ >>


過バライ金返還請求の時効を正しく理解して素早い請求へ!

過バライ金返還請求 時効

 

過バライ金の返還請求を考えている方へ。。。2017年から2018年にわたりテレビでさかんに宣伝されている過バライ金の返還の請求権利が時効になってしまう方がピークを迎えるそうです。

 

せっかくの貴方の大事なお金。過去に消費者金融会社に払い過ぎた利子が、過バライ金という形で返してもらえるなら返してもらわないと大損します。自分にも過去に借金した過去があるのであれば、過バライ金を返してもらえるか今すぐに確認しましょう。

 

ただし過バライ金返還請求をする際は時効の定義をただしく理解しないと請求できないこともあります。焦る必要はありませんが、きちんと消滅する時効を理解してスピーディーに返還請求しましょう。

 

 

過バライ金返還請求の時効は取引の終了時から10年

過バライ金返還請求 時効

 

個人個人の過バライ金返還請求権に時効が近づいているかそうでないのかは、借金返済が完済したのがいつかによります。普通に考えて「過バライ金の返還時間が少ない」なんていうように言い切ることは認められていません。

 

ひとつの例として、ここから9年前に全額返済した場合、9年前に借金返済が終わっているので、残りの12か月で時効となりますが、今期全額返済行っていたら、時効が終了するのは10年後です。いまだに借金返済を完了していないケースだと、10年の時効期間が生じてすらもおりません。

 

これに関しては過バライ金、一例として、消費者金融会社の貸金債権は、返済期限から5年で時効となりますが、この貸金債権に時効が近づいているか否かは、その貸金債権の返済期日がどこかでにより左右されるので、一般的にいって「貸金債権の返還時間が迫っている!」などと世間に向けてアピールすることなどできません。

 

過バライ金も同じです。 しかし、平成27年頃、司法書士法人新宿事務所が、まるで平成28年で過バライ金返還請求が行なってもらえなくなるみたいなPR宣伝をどかーんと広げたため、認識違いをした方がたくさん見られました。その当時弁護士など多数の法律の専門家から不安視されたのです。 平成27年8月1日に産経新聞は、「日本司法書士会連合会は「不当行為はない」との認識だが、幹部からは「紛らわしいうたい文句でグレー部分だ」と疑問の本音が挙がる。

 

宣伝・CMを作成した司法書士法人新宿事務所は「指導をチェックし、誤認が起こる可能性が考えられると結論づけた。近く入替える」と考えている。」と告知し、日本司法書士連合会の幹部は私的認識としながら「負債者の不安感をかきたてる一方で、過バライ金の返還請求を放棄する方も出てくることも考えられる。

 

公益性を最優先するべき司法書士のCMのあり方においてはマイナス」と漏らしたことを発表しています。

 

過バライ金返還請求は借金返済の返済終了時から10年で時効成立

 

過バライ金返還請求権は借金返済が完済した時から10年の経過で消滅時効が成り立ちます。その反対に、借金返済終了時を基点として10年経過していないとすれば、10年以上以前に起きた過バライ金を含めて借金返済中に生じた過バライ金は全て申請出来ます。 借金返済終了時は、下記のどちらかのケースになると思います。

 

  • 完済した取引:完済した日
  • 未完済の取引:最後の入出金(返済又は借入れ)

 

2番目については、返済が完了で終了している場合はその返済日、借入れで完了している場合はその借り入れ日となっています。未完済で現時点返済をされている取引におきましては、最終入出金から10年経過していることは一般的にあり得ないので、消滅時効が支障を来すのは、主として、ここから10年近く昔に完全返済した借金返済や今から10年近く前に支払いを止めて放ったらかしにしておく借金返済です。

 

過バライ金返還請求は最高裁判所の2006年の判決は時効とは関係なし

 

平成28年に、「最高裁判所が出した平成18年判決から平成28年で10年になるので、平成28年で過バライ金返還請求は時効になってしまうのですか?」という問い合わせが弁護士事務所に多くありました。 どうして、こんなふうに思ったのか確かめると「そういうCMを見かけた」というわけでした。

 

実際のところ、他の多くの方が過バライ金の時効に関する宣伝がありました。このことが上記の司法書士法人新宿事務所が出していた宣伝でありました。最高裁判所平成18年判決は、過バライ金の消滅時効とは一切相関関係が見られない。

 

ここの最高裁判所での判決は、利息制限法所定の利率を超える利率の受納を容認していた貸金業法の規則に従った適用をほぼ出来なくした判決です。この判決以降、消費者金融会社がみなし弁済を主張不可能になり、過バライ金返還請求をする上で異例の主張立証が必要でなくなりました。

 

最高裁判所の判決は、過バライ金返還請求を簡単にできるようにした判決と発表されていますが、消滅時効とは関連性がありません。 実際のところ、利息制限法所定の利率を超えて支払った場合に過バライ金(不当利得)返還請求権が生じることは、昭和43年に最高裁判所が裁定していますが、過バライ金返還請求は、貸金業法施行(昭和58年)後、すぐの時期から行われています。

 

最高裁判所の平成18年判決は、その当時すでに頻繁に実施されていた過バライ金返還請求実務を追認したものです。最高裁判所の平成18年判決は、「みなし弁済は導入されず、過バライ金返還請求ができる」ことを決定づけたもので、その起こった過バライ金返還請求権が、いつ、時効になるかは別に問題があります。

 

時効の懸案問題は、前記の最高裁判所の平成21年判決により、個々の取引毎に「取引終了時」から展開します。こんなふうに間違えずに把握していれば「最高裁判所の過バライ金における18年判決から平成28年で10年。過バライ金の消滅時効が迫っている!」という説明が、前と後ろが結びつかない、誤った説明となっていることが推察されます。

 

個人個人に割り当てられた期間を正しく理解して、焦る必要がないのに焦って司法書士や弁護士に依頼することは避けるべきです。

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

1件からでも少額の過バライ金請求での実績のある弁護士に依頼したいならこちらです↓

 

 

 

 

過バライ金返還請求での返済のサラ金業者の社数消滅時効のスタート地点

過バライ金返還請求 時効

 

10年近く前に一度完済したことがある人は注意が必要です。完済終了時から10年で過バライ金の消滅時効は成り立つので、1社のサラ金業者のサラ金業者の取引であれば、最後の借金返済日から10年経過していなければ消滅時効は成り立ちません

 

しかしながら、その借金返済が進行中に繰り返し完済・解約・再開などがあり、借金返済が複数に区別される場合、消費者金融業者の取引会社毎に取引終了時から消滅時効期間が展開します。これに伴って最後の借金返済日からは10年経っていなくても、今から10年近く前に一度完済した経験がある人は、借金返済が分断した場合、一度完済した時から10年経っていると、その時までの過バライ金には消滅時効が成り立ちます。

 

前日全額返済したので、消滅時効は論点にならないと考えていたところ、着手時点から10年以上前に一度全額返済しており、裁判でその部分で取引が分断すると判定され、一度全額返済した時までの過バライ金に消滅時効が成り立ってしまう例はそれなりにあります。

 

下手すると一度、借り入れ金を全額返済後に再び開始した借金返済が法定利率内の取引の場合、過バライ金は起こらないので最終的には、徴収できる過払金は認められなくなってしまったパターンもあります。その影響を受けて、消費者金融会社は、取引の件数の論点、取引の一連性をなり振り構わず争ってきます。

 

10年近く前に一度全額返済したことがある人は、そこまでの過バライ金に消滅時効が成立する考えられることを頭に、過バライ金返還請求の着手タイミングを決定づけることが不可欠です。なお、一部の司法書士や弁護士事務所で、過バライ金の算出において、1個の取引としての請求が認められるというのに、消費者金融会社側の主義主張のいう通りに、開始時から取引を複数に分けて計算した金額に限定して依頼者に伝えるパターンもあります。

 

そのために司法書士や弁護士に依頼前に過バライ金の計算方法についてのビジョンをしっかりと見極めておく必要があります。さらに10年近く前に借金ができなくなった人も気をつける必要があります。

 

 

過バライ金返還請求での過バライ金の消滅時効に関わる争点

過バライ金返還請求 時効

 

過バライ金還請求権の消滅時効の起算点は借金返済完了時なのですが、いつ頃が借金返済終了時かは、個々人の借金返済の問題でありますから、消滅時効の起算点がいつの日かが、問題点となるケースがあります。

 

因みに、一部司法書士や弁護士事務所で、過バライ金の算定において、消滅時効の起算点を消費者金融会社側の主張に合わせてはじき出した額を依頼者に伝える例あるので、依頼前に時効の起算点の認識についての対処の仕方をきちんと聞いておくことが大切です。

 

リボ決済方法とは違う取引に関して

 

過バライ金返還請求権の消滅時効の起算点が借金返済完了時であるよりどころは、生じた過バライ金をそれ以後の新規の融資金に充てる合意(過バライ金充当合意)があるからです。それでは、とりわけ1回払い方式の場合、消費者金融会社から1回払い方式については過バライ金充当合意があるので、借金返済完了時でなく、過バライ金発生時から個々に消滅時効期間が進行すると言われるケースがかなりあります。

 

サラ金系の消費者金融会社の借金返済はほとんどのケースでリボ払いのため、この主張は、主に信販会社系の貸金事業者からされます。

 

融資ストップ処置について

 

リボルビング払い方式の借金返済でも、返済を停滞したことから、過程で融資を停止され返金ばかりを続けていた場合、最終の借金返済日からは10年経っていなくとも、貸付をストップした時から消滅時効期間が進んでいくと宣言されることがこのところかなりあります。

 

これに関しては最高裁判所平成21年1月22日判決が、過バライ金の消滅時効が取引終了時から進行する証拠として、過バライ金充当合意には新規の借り入れが予測される限り過バライ金をその度ごとに請求しない承諾があることを列挙していることが理由です。

 

これに伴って、新規の借り入れが出来なくなった状況から、消滅時効が進行するという主張が出てくるのです。 問題になるだけで、徴収まで歳月が必要になったり、妥協を必要になったりするおそれもあります。その為、10年近く前に新規の借金が出来ないことになって、その後返済だけを続けている方は、よけいな争点が生じないように、新しい借り入れが困難になった時から10年過ぎて行くより前に過バライ金請求に着手することが重要になります。

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

1件からでも少額の過バライ金請求での実績のある弁護士に依頼したいならこちらです↓

 

 

 

過バライ金返還請求での消滅時効をストップさせるやり方

過バライ金返還請求 時効

 

消滅時効期間の進行はストップさせることが不可能ではありません。時効が中断すると次の時効が停止時からさらに10年先になるのです。過バライ金返還請求での実際の仕事において、時効中断方法として行われるのは、主に以下の2つです。

 

訴えの提起を基にしているストップ

 

10年経過する前に貸金業者へ訴えを提訴すれば、提訴時に消滅時効はストップします。基本的な中止方法です。しかし、過バライ金の額を認識しておらず、若しくは理解しておいても提訴までの準備時間が見当たらない場合は、次にあげるやり方が採られます。

 

催告のであると訴えの提起停止

 

10年過ぎる前に催告しておくことで、催告から6か月以内に訴えを提起することにより、催告時に消滅時効はストップします。催告とは、借り入れの履行を依頼する意思のお知らせで、普通なら過バライ金返還請求をすることです。催告した内容を証明しなければならないので、催告は、配達証明付きの内容証明郵便利用で実行するのが通例です。

 

いま時効期間が満了するケースではなど内容証明郵便では手遅れであるときは、FAXで催告し通信管理報告書等契約者に発信された資料を保存します。過バライ金時効中断の催告日は、催告書が相手に到達した日です。

 

要注意なのは、催告したのみでは時効は中断することなく、催告日から6か月以内に提訴を済ませた上で、催告日に時効中断の効果が生じるということです。

 

ですから催告で過バライ金の中断効になると思い違いして催告から半年経過してしまったり、過バライ金の時効期間が180日間延長すると考え違いして催告から6か月以内に過バライ金請求の提訴やらなかったりしないように留意が必要です。

 

引き受けのお知らせと催告

 

借り入れしていた消費者金融会社に受任通知を送り取引履歴の開示を受け取ったところ、受任通知時には10年経っていなかったが取引履歴開示時には10年経過していたというケースがあって、このとき受任通知が催告に当て嵌まるかといった問題が発生します。

 

弁護士は催告に該当する表現を記載しておくので不都合は起こりませんが、ただの受任通知や有耶無耶の中身だと催告に相当しないとジャッジされる見込みがあります。ちなみに催告とは、「債務者に対して履行を請求する債権者の意思の通知である」。

 

具体的な金額の表記が出来なくても、債務の履行を要求する意思通知書類であれば催告と同じ意味です。金額の明示がない要請は「全ての金額」の意であり、また通知時に総額が不明であれば「もたらされている過バライ金全部」の返還を求めておくことで証明されます。

 

時効が近づいていると認識している案件については受任時点で、受任通知とは別に、過払金すべての返還を求める「催告書」と表題を付けた書面を送達させることもあります。ここまでの対応を行なうことを通して、後に消費者金融会社から「受任通知」は催告にあたらないとか取引履歴開示請求の主旨だなどと言われることを回避できます。

 

 

過バライ金返還請求では時効が不安なら、訴訟での取り立てに絞った弁護士を利用することが正解

過バライ金返還請求 時効

 

過バライ金の返還請求の時効の停止には訴訟提起がなくてはなりません。そういう理由で、時効中断方法を正しく頭に入れており、速やかに提訴してくれる訴訟取り立てに限った司法書士や弁護士事務所へお願いすることが重要です。

 

しかも、司法書士の場合、過バライ金の額が140万円よりも高いと扱えなくなるので、とんでもなく高額の過バライ金が生じている場合、弁護士への変更等々のために、素早いな提訴が実現できない危惧があります。

 

過バライ金の返還請求には手続きの権限に制限のない弁護士へ依頼する方が最善で満額の過バライ金をとり戻したい方には最善の方法です。

 

 

↓自分の過バライ金がいくらあるのか知りたいならこちらでチェック↓

 

街角法律相談所

 

 

1件からでも少額の過バライ金請求での実績のある弁護士に依頼したいならこちらです↓

 

 

過バライ金請求のデメリットやリスクを詳しく知りたいならすぐに「借金減額診断シミュレーター」のプロの無料診断を!

消費者金融で払いすぎた過バライ金は本来、自分の手元にあるべきお金。スムーズに過バライ金を請求したいなら貴方に最適な弁護士を無料で診断してくれる「借金減額診断シミュレーター」がおススメです。

過バライ金の請求内容は借り入れをしている人によって条件が異なるために適切な対応をしてくれる弁護士が必要になります。

また安易に「過バライ金の請求」のやり取りをしてくれる弁護士を決めてしまうと余計な手数料を請求され、本来受け取れるべき請求金額よりも少なくなってしまう場合もあるのです。

大切な過バライ金の請求をきちんとした弁護士に依頼したいのであれば、「借金減額診断シミュレーター」の無料診断であなたに合った法律事務所を探すことです! 「借金減額診断シミュレーター」であなたに合った法律事務所に無料の相談を早くすることで9割以上の方が借金返済の苦しみから解放されているのです。

厳しい消費者金融会社からの取り立てに眠れない日々が続いているなら今すぐに「借金減額診断シミュレーター」で無料診断をして見ませんか?

「毎日借金の返済で眠れない」と後ろ向きな考えをしている間にも借金の金利は1分、1秒単位で膨らみ続けています。

どうしたらいいのか?」って一人悩んでいるあなたに「「借金減額診断シミュレーター」はあなたの悩みに真摯に相談に乗ってくれる事務所をわずか30秒で探してくれます。

自分の名前も住所も必要ありません。全国どこからでも受け付けています。

借金減額診断シミュレーター

街角法律相談所

◎借金減額診断シミュレーターを利用する方の基本条件
消費者金融借り入れ数 借入2社以上
借り入れ金額 借入金額総額100万円以上
相談料 無料
借金減額診断シミュレーターは、多数の消費者金融から100万円以上の借金をして中々返済が追い付かない方のために借金返済の一番良い方法をアドバイスをしてくれる弁護士事務所を探してくれるシミュレーションツールです。
あなたに合った弁護士事務所を「借金減額診断シミュレーター」で見つけたら一緒に借金返済の一番良い方法をアドバイスしてくれます。
借金は人によって金額や借り入れ件数が異なりますが、「借金減額診断シミュレーター」ではわずか5つの質問に答えるだけですぐに借金の減額方法や月々の返済額が無料でわかります。


そしてあなたにあった借金解決の一番のプロを無料で紹介してくれます。わざわざ自分で司法書士事務所や弁護士を探す必要がなく全国どこからでも24時間いつでも申し込めます。

借金返済で眠れないあなた、借金の金利は今こうしている間にも膨らみ続けてどうにもならなくなります。

大切な家族や会社で働き続けるためにも、今できることをすぐにしましょう!!
\借金解決なら「借金減額診断シミュレーター」!/
借金減額診断シミュレーターの公式サイトへ

借金減額診断シミュレーターの概要

借金減額診断シミュレーターは、現状のあなたの借金の状況の質問事項にあなたに合った借金の解決方法やいくら借金を減らせるかを算出してくれるシミュレーションツールです。 「借金減額診断シミュレーター」を使うことで以下のことが無料ですぐにわかります。
  • 借金が減る金額
  • 多数の消費者金融会社から過払い金があるのかの有無
  • あなたの借金状況にあった適切な相談先
  • 今後の借金の改善方法


借金減額診断シミュレーターが選ばれている3つの理由

名前や住所を記入しないで診断できる。

無料のシミュレーションとは言え、自分の名前や住所などの個人情報を入力するのは不安ですよね。

「借金減額診断シミュレーター」は自分の本名や住所を入力する必要がありませんので、安心して借金解決法がわかります。

全国、どこに住んでいてもネット上で借金減額診断ができる。

いざ自分の借金解決の弁護士事務所を探すにもどこにあるのか?自分の住んでいる地域に優れた弁護士がいるのか?など不安ですよね。

「借金減額診断シミュレーター」ならあなたがどこに住んでいても貴方に借金を解決してくれる優秀な弁護士を探してくれます。

24時間いつでも診断対応なので、誰にもバレない。

「借金減額診断シミュレーター」での一番メリットは24時間いつでも利用できることです。

家族や彼女に借金の相談をしたくない方にはおすすめです。

その他のメリット

多数の消費者金融会社から多額の借金をしている方は、現在の借金の減額方法と同時に過払い金の有無もわかります。

過払い金についてはテレビなどのメディアで宣伝しているので、ご存知の方も多いと思います。

過去に払いすぎた本来はあなたの手元にあるべきお金ですから「借金減額診断シミュレーター」で戻ってくるお金があれば、気持ちも楽になるでしょう。

借金の悩み解決したいならなら「借金減額診断シミュレーター」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


30秒で借金の悩みスピード解決!!!!!



利用者が5分に1人の無料サービス

\30秒診断で自分の未来を変えたい方へ!/

↓↓借金の悩みから解放されたいなら!↓↓

街角法律相談所



正当な過バライ金をとり戻してくれる信頼できる法務事務所はアヴァンス法務事務所

あなたがもし消費者金融会社1社だけの借り入れか、100万円に満たない借金をしている方にでも親身に対応してくれる法律事務所を探してるならおすすめの全国対応の法務事務所があります。

信用できる法務事務所は「アヴァンス法務事務所」だけです。

悪徳なぼったぐりの法務事務所になると、本来送付されるべき「和解書」を依頼者に送付しない所もあります。「和解書」がないと実際に貸金業者といくらで和解したのかが不明です。依頼者は搾取されてかもしれない金額だけで納得するしかないのです。

「アヴァンス法務事務所」では、貸金業者との「和解書」を必ず送付するので自分が受け取れる過バライ金を知ることができるのです。しかも「アヴァンス法律事務所」は債務整理を得意とする法律事務所業界の中ではトップ水準の最安値の報酬のです。

初期費用が無料だけでなく着手金も無料。しかも過バライ金が発生せず、元金の減額になる方に該当する「減額報酬もアヴァンスだけは0円!!

こうした設定を行っている法務事務所は他にないため、同じ条件で10万円以上も成功報酬に差がでるのです。

最初の無料相談からの申込みで、激しい貸金業者からの厳しい取り立ても即、ストップするのです!

全国対応で年中無休!相談無料なので、弁護士への依頼は敷居が高いと思っている方でも安心して無料相談できます。

過バライ金の返金に法外な成功報酬を請求する事務所に要注意!

悪質な弁護士事務所にかかると無料相談、過バライ金請求の着手金が無料といいながら、返還された過バライ金に対する成功報酬が法外なケースもあるのです。過バライ金請求でネット上で実績と口コミ人気、評判も良い法律事務所は「アヴァンス法務事務所」でしょう。

過バライ金請求



過バライ金請求に関してアヴァンスは他の法務事務所に比較して「早急な対応」と「過バライ金請求金額に対する適正な成功報酬」が人気の秘密でしょう。

上記のように悪質な司法書士や弁護士によっては無料というキーワードで集客してさも安い手数料で過バライ金をとり戻してくれる業者と勘違いさせるところもあります。

実際に過バライ金が正当な金額を貸金業者に請求しないで適当なところで折り合ってしまう実力のない事務所や、本来かかることのないムダな費用を請求してくる法律事務所もあるのです。

アヴァンス法務事務所の強みは、過去に消費者金融会社に在籍していた「元社員」を採用していることです。

つまり自分が働いていた会社の内情に詳しくさらにキャッシング関連の情報に恐ろしく詳しいので、貸金業者とのやり取りはお手の物。実際に依頼者の借金状況でいくらくらい過バライ金が請求出来るのかを知り尽くしているのです。

アヴァンスは過バライ金請求に関しては現在、最大手の法務事務所でありながら報酬の面でも依頼者に感謝されるほど手軽な料金なんです。

過バライ金請求



通常、過バライ金請求に関しては有名な弁護士事務所では件数が多いか、借入金額が多くないと受けないケースが多いです。それは弁護士の先生も一件当たりの手続きでどれくらい報酬が得られるかということにこだわっているからです。過バライ金請求ならどこの法律事務所でも依頼できると思っていたら大間違いですよ!!

過バライ金がなかったと称して実は過バライ金を依頼した法律事務所の先生に搾取されているかもしれませんよ

キチンと過バライ金の請求までの流れもアヴァンスでは丁寧に説明してくれます。しかも無料で!!!

その説明を聞いたうえで納得したら過バライ金請求の手続きを依頼すればいいのではないでしょうか?

借金解決ならまずは無料相談から

\一人で悩まず未来を変えたいなら今すぐ!/

↓↓借金解決は専門の弁護士にお任せ!↓↓